レザーカービング・革製品のCROSSECHO[クロスエコー]
http://www.crossecho.com


 HOME >> オーダー例
 
 ■HOME

 ■お買い物の流れ



 ■カテゴリ別
 >> 犬用品
 >> 財布
 >> カードケース
 >> キーケース
 >> ステーショナリー
 >> バッグ
 >> 革小物



 ■首輪サイズ測り方

 ■オーダー例

 ■全商品一覧

 セット割引



 ■ネームサンプル
 >> カービングネーム
 >> 刻印ネーム



 ■サイトマップ

 ■リンク

 ■コンテンツ



 ■個人情報取扱い

 ■お問い合わせ

 ■会社概要






■オーダー作品集

オーダーによる作品集です。
こんなものが欲しい!というご要望から、CROSSECHOらしさのある商品のご提案をさせて頂いております。

すでにお客様からのお問い合わせを頂き、定番商品になりつつあるものもございます。
まだHPの作成が間に合っていない為、メールにてお問い合わせ下さい。詳しい内容をご紹介させて頂きます。
また、自分なりのアイディアをお持ちの方も、ぜひご相談下さい。時間をかけて一つのものを作り上げていく事は、その課程を楽しむ事が出来ると同時に、完成した時の喜びも大きくなるものです。
(写真をクリックすると、拡大写真のスライドがご覧になれます。)



クリックで画像がご覧になれます
No,1  ショルダーバッグ




クリックで画像がご覧になれます
No,2  首輪のリフォーム

クリックで画像がご覧になれます
No,3  フルカービングウォレット

クリックで画像がご覧になれます
No,4  システム手帳

クリックで画像がご覧になれます
No,5  鏡




クリックで画像がご覧になれます
No,6  名刺入れ






オーダーバッグ特集


■トートバッグ製作記録

今回はトートバッグの製作の大まかな流れを公開いたします。やわらかい--革を使用し、正面と止め革にカービングを入れました。
中パーツには布地を使用し、ポケットは、ファスナー付き1ヶ、携帯電話用1ヶ、ベタポケット1ヶです。
中パーツに関してはミシンを使用、それ以外はすべて手縫いによる仕上げとなっております。
口の内側に、カービングネームを施した革を縫い付けてあります。
(お客様の許可を得て、掲載させて頂きました。)


 ▼写真をクリックすると詳細画像をご覧頂けます
アイディアをまとめます1.打ち合わせ
使用する革の種類を決め、全体、底、口、持ち手等のサイズを決めていきます。また、カービングを入れる位置、大きさ、デザインを決めておきます。さらに使用する金具のタイプ、色を決定します。
とても重要です2.図面、型紙作成

図面を元に、専用の紙を使い、パーツの型紙をおこしていきます。
丁寧に行います3.切り出し

型紙を元に専用の包丁を使い、革、中パーツ用の布を切り出します。
慎重に彫り進めます4.カービング
パーツにカービングを入れます。
4-1 デザイン画写し
4-2 すじ彫り
4-3 ベベラ打ち
4-4 スタンプ打ち
4-5 フィニッシュカット



4-6 グランド染色
4-7 クリアー
4-8 アンティーク染色
4-9 クリアー
全て手縫いです5.縫い
パーツを縫い合わせていきます。
5-1 持ち手パーツ縫い合わせ・コバ磨き
5-2 持ち手取り付け・金具取り付け
5-3 ベルトパーツ縫い・取り付け
5-4 全体側縫い
5-5 底縫い(パーツ、全体)
5-6 中パーツ縫い(ポケット ネーム タグ)
5-7 中パーツ取り付け(口縫い コバ)
完成写真6.完成

                      >>その他バッグのオーダーを見る
ページトップへ                                                          Copyright(C)2005, cross echo. All Rights Reserved.